毎年、一回、イスラエルに行ってます。でも今年は、もっといけるかなと、思っています。
 どうしてか、と言いますと、イスラエルに直行便が出るんですね。イスラエルに行くには、必ず、ヨーロッパの都市を経由してでないと、いけませんでした。(トルコ経由というのもありましたが。)ところが、どこも経由せず、イスラエルに直行する飛行機が日本から出るのです。ありがたいです。皆さんもいきませんか、イスラエル。ご一緒します。
 イスラエルは、聖書の国です。バイブルに興味がある人は、ぜひ、イスラエルに行くことをお勧めします。聖書には、イスラエルのことがたくさん出てくるので、聖書を理解するためには、とてもいい経験です。
 旧約聖書の中に、ソロモンという人が出てきます。イスラエルの王様だった人で、ダビデの息子です。夢で、神に知恵を求めた時に、それを求めたら、与える約束を与えられた有名な王様です。ソロモンの知恵、というフレーズのは皆さんも聞いたことがあるでしょう。それぐらい有名な王様です。
 ある時、私はこんな経験をしました。椅子に座り、机に聖書を置いて読んでいました。祈ったりしながら。
 そしたら、風もないのに、急に聖書が目の前で、パラパラパラパラとめくれたのです。びっくりしました。エーッて感じです。そのめくれ方が凄かったんです。うわーって感じで、パラパラというより、バーーーーーって、感じだったですね。聖書って、ぶ厚いんですけど、それが一枚一枚急に、めくれて、何が起こった、って感じでした。驚きましたよ、なんとか現象かと思ったんぐらい。そしたら、なんか、神様に言われた感じがしたんですね。直接、声を聞いたわけではありませんよ。なんとなくなんですが、聖書のことについて、理解を与える。あるいは、いろんなことについて、悟りを与える、力を受けた。そんな語りかけを聞いた感じがしたんです。
 こんなこと言うと、あなた、気が狂っていたのね、なんて思われるかもしれません。最後まで文章読んでくださいね。貧乏な、神学生時代でしたが、不思議なことを、たくさん経験したんですね。きっと、その時、神様が何か、聖書を理解する力や、物事を聖書的に悟る力を与えてくださったと思います。そしたら気がついたら、実は、夢だったんですね。寝ていたんです。お祈りしながら、聖書読んでたつもりが、いつの間にか寝てたわけです。
 でも、ページが、めくれたのは、夢でしたが、聖書を理解したり、物事を悟る力は、その時から、本当に変わったのではないかと思っているんです。まるで、ソロモンみたいに、夢で語られた感じです。
 今、毎年、イスラエルに行ってるのは、本当に奇跡だと思います。聖書を、さらに理解するためにも、何回でもイスラエルは、行きたいですし、もっともっと行きます。いいですよ、イスラエルは。