この映画は、ウッドローン高校とそのアメフト部に、そして、その町の人々に起こったお話です。
まさに、リバイバルの映画という感じです。私は、他に、こんなリバイバルを描いた映画を見たことがありません。
その高校に、一人のスポーツ専門の聖職者とでもいうべき、男性がやってきます。そして、アメフト部の生徒たちに、話をしようと、監督に許可を得ようとします。一旦は断られますが、彼は諦めず、もう一度、人種間でのいざこざが起こった事件の日、その学校にやってきます。事件が起こった日でしたので、警察とのやりとりで、忙しくしていた監督にもう一度、話をさせてもらえないか許可を得ようとした時に、彼は、5分チャンスを得ます。
ところが、そのスピーチ、メッセージは長引き、生徒たちに1時間以上も話すことになってしまうのです。なぜか、高校生たちは、その話を真剣に聞きます。遅れてやってきた監督は、慌てて話を止めようとしますが、生徒たちは、彼の話の中で、彼が決心を募ることばに、応答します。そして、3、4人の生徒を除いて、ほとんどのアメフト部員が、イエスキリストを信じてしまうのです。
先生、監督も、びっくりしてしまいます。いったい彼ら生徒たちに何が起こったのか、状況を把握できないで、信じられません。今まで、いつも敵対しあっていた彼らが、急に、決断し、態度を変えてしまったのです。
キリストを信じた彼らに、具体的な変化が現れ、その後3度目の試合から、急にチームが勝ち始めるのです。まるで、漫画のような話です。
この話は、実話です。この決心ということは、とても私たちにとって重要です。この映画の中で、君は、決めなければならない、という言葉が出てきます。実は、この決心ということが、我々に生涯においてとても大事なことです。何が大事なことなのか、何が本当なのか、みきわめ、そして、それを心で受け入れ、進んでいく決心です。
決心しても、何度も失敗して、行動が伴わないことがあるかもしれません。しかし、間違えている方向性を変えようとして、決心をしていくことは、生涯の大きな差になります。
決めないで、ダラダラといく人生は、よくありません。右に行くか、左に行くか、私たちは、人生のいろんな分かれ道で、決めなくてはなりません。毎日のように、私たちは決めなければいけないことがあります。小さな正しい決断が、積み重なって、大きな正しい決断につながっていくことを知らなければなりません。
この映画の中で、この選択、決断のことについて、考えさせられました。
 
なんと、ある日、監督が、大きな決断をします。白人の彼が、黒人の教会に家族でやってきて、洗礼を受けたいと、聴衆の前で、宣言するのです。監督まで、キリストを信じてしまうのです。