昔、小学生の頃、小学生の雑誌に、なぞなぞブックみたいな付録がついていて、夏休みに、何気なくそのミニブックを読んでいたら、ノストラダムスの大預言というのが出てきた。それは1999年7月に、人類が滅びるというのが、書かれていて、途端に私は、真っ青になり、その日の晩御飯が怖さのあまり、食事が喉を通らず、親が心配して、「そんなことは起こらないから、ご飯食べなさい。」と言われたことを思い出す。結局1999年は、もうとっくに過ぎてるではないか。神様から来てないデマには、注意なのだ。今コロナ騒ぎで世界が大変な動きになりつつ、神様にあって、正しい情報、正しい見分けができますように、そして早くコロナウィルスが収束されますように。