最初の映画は、1962年に作られています。その後、テレビ用にリメイクされたものが1979年に出来ています。最初にヘレン役で出ていたパディ・デュークさんが、サリバン先生役でのちに出ているということです。新たなヘレン役は、あの大草原の小さな家に出ていた、Mギルバートですね。
 三重苦ということは、大変なハンディーですが、ヘレンケラーは、それを乗り越えて多くの人に希望を与えた方だと思います。その実話でありますが、かなり脚色されているということです。しかし、非常にひどい状態から、サリバン先生との出会いによって、ヘレンケラーの生涯が明確に変わったことは事実であると思います。そして、サリバン先生がヘレンを心から愛し、教育したことが、暗闇の世界から、獣のようなヘレンを救い出したことは事実だと思います。しかし、この映画の中にも描かれているように、人間には限界があります。どんなに優秀な教育者であっても、天の助けなしにはこのような、奇跡はうまれなかったでしょう。原題は、「ミラクル ワーカー」奇跡の働き手、あるいは奇跡を生み出した人、そんな訳になるかと勝手に思ってますが、サリバン先生のことを言ってますね。日本語タイトルでは、奇跡の人だと、ヘレンのことを言っているのかと思うタイトルです。でも、映画は、原題からサリバン先生を中心にしてるでしょう。
 しかし、本当に奇跡を与えたのは、サリバンさんでなく、天だと言えますね。