奇跡の人、このヘレンケラー、あるいは、サリバンさんについて、ちょっと調べるといろんなことが出てきて、いつまでたっても終わらないという感じなので、とにかく、書こうと思います。(実は、大草原の小さな家のMギルバート(ローラ役)さんのお話が、書きたかったんですが、、、、。)
 ヘレンケラーさんは、ハーバード大学付属のラドクリフ女子大学に入ってしっかり卒業しているのです。このハーバード大学というのは、知っている方はわかると思いますが、いわゆるアメリカの、日本でいうと東京大学に当たるような、大学です。
(アメリカ最古の大学で、各種の大学ランキングではつねに最上位に位置する名門校。政財界から学術分野まで幅広い分野で指導的な人材を輩出しつづけ、2018年時点で8人のアメリカ大統領、48人のノーベル賞受賞者・48人のピュリッツアー賞受賞者が出ているほか、32人の元留学生が母国で国家元首となっているということです。)
 三重苦であった彼女が、この大学に入学したということは、一体どういうことかというと、ものすごい普通の人の何倍も、あるいは何十倍も、努力してこの大学に入ったということです。(ハーバード大学の当時の入学試験科目は英語、歴史、フランス語、ドイツ語、ラテン、ギリシャ両古典及び代数、幾何だったそうです。)3年間の大学入学準備期間は、睡眠時間も割いて、文字通り肉をきざみ骨を削る思いの勉強をつづけ、また何度も点字本を読むために、指頭には血がふき出るほどだったという話です。
 映画の中でも表現されていると思いますが、サリバン先生とのやりとりで、ものすごいエネルギーで、子供のヘレンとの戦いが出てきます。何度もなんども、椅子に座ってテーブルについて食事をすることを、しつけるのに、大変な格闘をします。繰り返し繰り返し、反発し、従わないヘレンに、何度も繰り返し、教えます。お皿をひっくり返し、水をこぼしたり、食器を割ったり、激しく抵抗して逃げようとするヘレンに、しつこくしつこく
しつこくしつこく教え、従わせようとするのです。お互いの力を出し切って、格闘しますが、忍耐切れしたヘレンがやがて、サリバンさんに従うのです。そのシーンは、作られてはいますが、確かにそれと似たような事柄が行われたと思われます。そのシーンを見ていると、なんとも見ているだけで疲れてしまいますが、実際はもっとひどかったであろうと思われます。痛々しい限りです。
 あるところから解放されて、ヘレンは、サリバンさんに心から愛し従っていくようになります。しかし、その従わなかった時の、ものすごいエネルギー、あれが、ヘレンにあった激しさだったようです。そのものすごいエネルギーを持って彼女は、大学へという夢に爆進して向かって行ったのですね。でももちろん、彼女一人ではできません。サリバンさんが、目となり耳となり、口となって、ともに爆進したのです。サリバンさんの献身的な助けなくしては決してなしえなかったであろう、優秀な成績での入試合格でした。彼女は、大学入学後も優秀な成績で卒業し、学位が与えられたが、それだけでなく、さらに、後には、別の二つの米国と英国の大学から学位を送られたというから、確かに奇跡です。