IMG_20201118_164855.jpg
今、朝のデボーション聖書箇所がヨハネの黙示録である。黙示録といえば、イエス様のお弟子の一人ヨハネがパトモス島で、この黙示録を書いたことが、聖書に書かれている。パトモスとは?昔、私がクリスチャンになり、まだ終末のこと等よくわからない頃、ある教会の集会で、ご自由にお取り下さいとの案内があって、このパトモスの本が、テーブルに積み重なっておいてあったのを、一冊いただいたもの。この本を手にした時、インクのような染みがあって、売り出せなくなったものだったから、ただで、いただけるということだった。パトモス?なんのこっちゃ。島?こんな島、どこにあるのかな?本のページをペラペラとめくると、黙示録の解説みたいな本で、ますます不思議な世界を感じたことを思い出す。今では、TLEAの教会に導かれ、海外宣教で、パトモスチームに行ったことがあり、まさか、あの時、パトモスなんて何も知らなかったのに、こんな巡り合わせの人生に、とても驚いている。(つづくH)