この写真は、先週の祈りのツアーが無事に終わって、少し休んで祈りタイムでもありました。私達が座っている左側に、ルイス・フロイスの事がかかれてある石碑がありました。テモテさんが、このフロイスという司祭でもあり、宣教師でもあられた方で、26聖人の事を詳しくヨーロッパに伝えた人だと教えてくれました。殉教者達の歴史に、その記録があったからこそ、26聖人の殉教について、私達も今それを理解できるようになっているわけですね。貴重な人物の人だったと、とても感動していました。H