私も、クリスチャンになってから2、3年は、そんなに神様が語ってくださるとは、知りませんでしたし、素晴らしい主の癒しやわざを見れるとは思っていませんでした。
 ですから、当時は、「2000年前に生まれていれば、イエス様にお会いできて、お会いできなくても、弟子たちに会えれば、いやしを見たり、主のわざを見ることができたのでは。」なんて思いました。
 ところが、現代でも、生ける神の働きを明確に見ることができ、毎日のように神は、語ってくださるということを本当に、知り始めた時、嬉しかったのです。今日も、聖書をとうして、神は語ってくださっています。
 今日のデボーションの箇所は、私たち夫婦が、結婚した日のデボーション箇所でした。「死人が神の声を聞く時がきます。今がその時です。そして、聞くものは生きるのです。」というヨハネ5章の、み言葉です。よみがえりのみ言葉の箇所です。
 新鮮な気持ちで、今日の箇所を読みました。今日も主は働いておられます。