ある時、イリエさんが、関わる団体が所有している施設か、あるいは使っている施設に向かって、竜巻が向かってきたそうです。竜巻の進路に、その施設があったそうです。このままでは、建物が壊れてしまう、という状況の中で、イリエさんが、イエスキリストの御名によって、竜巻に向かって進路を変えるように命じたそうです。すると、竜巻が、はっきりと進路を変えて、別の方向に向かった、という話を聞いたことがあります。
最近は、日本でも異常気象が多くなっている結果、竜巻も以前より起こることが多くなっているようです。ですから、このブログを読んだから、やってみようなんて、思う人がいたら。普通は危険だから、竜巻が起こったら、逃げなくてはいけませんから、対応を間違えないようにしてください。普通は、頑丈なビルなどの建物とか、地下とか入って、ガラス窓から離れる、というのが、一般的避難でしょう。
でも、確かに、導きを感じて、ある距離から、命じた時、竜巻が進路を変えたのは、自然を制する力であり、
奇跡を行う力の賜物だったと思います。こいうことが、起こるのですね。