月刊誌 雲の間にある虹の文章を、書いています。連載(タイトル「祈りの恵みの現れ」)を、書かせていただいていて、もう、書くことがないんじゃないかと思うのですが、毎月書いてると、主が、なしてくださったことを、いろいろと思い出させていただいています。本当に、神は、いろんな恵みを与えてくださったと思わされます。

最近、祈りの時間で現された恵みです。一人のお母さんが、続けて、メールしてきてくださっていました。
息子さんが、中学卒で、ずっと、お仕事探しにやる気がなかったということ。祈り始めて、5ヶ月。メールを、毎週してきていて、なかなか、意欲が出ていなかったのですが。最近、ここ1、2ヶ月、アルバイトを、やってみたり、面接に行き始めたり、徐々に、動き始めました。そして、とうとう、こないだのメールで、「前向きに進み始めたみたいだ」と。「奇蹟です」と送ってきてくださいました。

ハレルヤ、一度や、二度でなく、毎週、4、5ヶ月送って、祈り続けていく中、本当に、最初は、ほとんど変わらなかったのに、
今、変わってきたという報告。私たちも、感謝しています。神は、あきらめずに、祈る時、御心の祈りは必ず聴いてくださると、
改めて、確信しています。