先週の礼拝メッセージは、Iテサロニケ5:16−18でした。
改めて、感謝をすること語られました。

マーリンさんとの、出会いは、特別な出会いでしたが、彼が、召される前に、感謝と賛美の霊的な事柄の継承を意識していたことを感じました。そして、私たちも、神様に語られて、霊的な継承を意識していました。

特に、私は、個人的に、エリヤとエリシャのところから語られていたのでそのみことばを何度も読みました。

その後で、マーリンさんは、2013年の、11月11日に召されました。

最近、そのエリヤとエリシャの霊的に継承のところの箇所を読んだので、
マーリンさんからの霊の継承ということを考えていまして、マーリンさん関係の動画を見たら、なんと、私たちの教会にマーリンさんが、やってきた最初は、1993年の6月27日の日曜だとわかりました。昨日は、6月27日の日曜ではありませんか。

神は、何か語ってるナーーーと思いました。そしたら、導かれて、マーリンさんが召された、その次の2013年の11月17日の東京アンテオケ教会の礼拝メッセージを聞きました。その時に、パウロ牧師は、感謝から、チェコの翻訳者の方がブログを見て、信仰が立て上がってしまったお話を、ヨーロッパ帰りで、証ししてました。後に、預言の本の翻訳してくださった方す。 しかも、そのヨーロッパチームは、サリーさん、マレックさんが立てられてきたチームでした。しかも、ロシア系ユダヤ人のレオンさんとの関係が開かれてきたチームでした。

振り返ってみると、マーリンさんからの霊的な継承の中で、ロシア系ユダヤ人との関わりや、ヨーロッパの預言の本の働きが開かれて進められてきたように見えます。興味深いなーと思わされました。ちなみに、秋元牧師が、マーリンさんの召天に、お話の中で触れているのは、情報が伝わった後、
24日の礼拝で、お話しされておられます。

マーリンさんからの、霊的な継承っって、すごく大きなものを委ねられている感じがします。