昨日の続きですが、どうしてかというと、新庄さんは、外野の守備のすごいところは、もう前からだったというのです。

イチローさんは、打撃は最初からすごかったけど、守備は、後からよくなってきていたというんですね。最初の頃は、雑だったというんです。

そして、新庄さんは、最初から、ボールが来るのを読みも早かったし、投げる時、ボールを取ってから、素早く投げることに関しても、無駄なく、

早いということなんです。

どちらも、強肩で、肩は強かったけど、やはり、ボールを取ってから、そつなく投げることに関しては、新庄さんの方が早いというんです。

それって、素人の、私達からするとそんなもんか、と思うんですが、プロの目からすると、どうもそのような感じらしインですね。

さらに、イチローさんは、レフト、新庄さんは、センター。

新庄さんは、守備を、レフトや、ライトの人と合わせて、やっていたということなんです。

イチローさんは、単独守備。新庄さんは、レフトや、ライトをリードして、まとめていた、ということなんですね。

イチローさんは、そういうところは、やはり、なく、一人でやるって感じじゃないですか。

新庄さんの、コミニケーション能力って、ずば抜けてるように思うんですね。

確かに、日本ハム時代は、森本稀哲さんや、稲葉さんをリードしてやってて、新庄さんが言うには、新庄さんが教えてから

彼らは、ゴールデングラブ賞とってるということなんですね。

だから、外野守備を、単独でするのでなく、3人で、新庄さんが指示しながらやるから、それは、より堅い守りになるのは当然ですね。

新庄さんは、阪神時代に、キャッチャーに、センターからサインまで出してやってたら、試合に勝ったということがあったぐらい、ピッチャーとバッター

の戦いで、球がこのカウントでは、どの辺に来るかの読みがあったということなんですね。

それで、レフトや、ライトを動かしてまで、読んで、守っててたということなんです。

そういうことも含めて、外野の守備だけを比べたら、絶対、新庄さんのが、上だというんです。

素人にもわかりやすい解説で、その話や、新庄さんの外野守備のポリシーなども聞くと、やはり、新庄さんの方が上だったのではないか

と思えてきたのです。

で、そうすると、目に見えるところでは、なんか、イチローさんの守備はすごかったように思うけど、味方と一緒にやる守備という面で、

しかも、リードして行うということでは、見えなっかったところも加味して、評価するなら、新庄さんの守備の方が、上だったかもしれないということで、

私自身もそのように、思えてきました。

新庄さんは、守備が大好きだったというんですね。

新庄さんの見えないところの守備のチームの勝利への貢献度って、結構、大きかったのかな、と思います。今度、監督になって、どのぐらいその結果が、

日本ハムのチームの成績に出てくるのか、楽しみでなりません。

新庄さんって、バリバリに目立ちたがるのに、見えないところで貢献してるのは面白いです。

やはり、プロだと、見せるっていうことは、とても大事で、それで、お客さんを楽しませることは大事です。

でも、見えないところに、本当の強さの秘訣があったりするのかもしれません。

私としては、この見えないところでの貢献に、興味があります。

クリスチャンの、天での評価は、この見えないところでの評価が大きいんですよね。