神様に期待することはとっても大事だなと、思います。

弟子たちが、イエス様について行ったことの一つに、この方がイスラエルを救ってくださるというような、期待感があったように思うのです。

(もちろん、それはモーセのようにエジプトの圧政から、イスラエルを救い出した、リーダーのようなイメージだったでしょうが。)

でも、キリストが、よみがえってから、その期待感はさらに本物のものとなっていったでしょう。

エマオへの途上で、二人の弟子たちは言っています。「〜私たちの心はうちに燃えていたではないか。」ルカ24:32

この期待感です。

イエス様と共に歩んでいくとき、本当に、この燃えるような期待感が内側に与えられていくのです。

主は、今年、わざをなすと言ってくださっています。

ですから、主は、今年素晴らしい、私たちがワクワクするようなことを、なしていってくださるのです。

と私が、この文を書いたとき、皆さんの内側で、「そうだ。そのとおりです。」と今、期待できるでしょうか?

期待できるなら、あなたには、信仰の火が、内側についているのです。

そして、その信仰のとおりに、主は素晴らしいわざをなしていってくださいます。

信じ期待しましょう。(写真 2021年のイスラエルチーム)