2週間後は、長崎で、殉教聖会と祈りのツアーが持たれます。

命をかけて、信仰を守り続けた人たちが、400年前にいました。

最初の殉教者です、26人の殉教者。

もちろん、その後の徳川の時代も、たくさんの殉教者は出たわけですが。

最初の殉教者だったがゆえに、イエスキリストに、命をささげて従い続けた人々の証が明確に残っています。

イエスキリストを愛した人々の物語ですね。

彼らが、本当に、信仰を捨てなかったこと。

天を見つめ、イエスキリストを信じ続けたこと。

彼らが、喜びで満たされていたことは、驚くべき証です。

全能の神がおられて、私たちを愛してくださっておられることの、証ですね。

400年前と同じ神が、私たちに同じ喜びを与えてくださるのです。